↓今申し込むと、通常レッスンを無料体験できます。


アンパンマン 天才脳らくがき教室の口コミ

51EYXP4GG0L._SX300_

商品解説

何回でも書いては消せるアンパンマンのらくがきボードです。
三角軸ペンを使うことで、正しいペンの持ち方と、正しい運筆力を学べます。

本体サイズ:幅43cm×高さ32cm×奥行4cm
参考価格:3778円
対象年齢:1歳半〜

https://youtu.be/iMBaPd_hEjA

アンパンマン 天才脳らくがき教室の口コミ

匿名ママの口コミ
子供の年齢:2歳

自由に好きなだけ絵を描けるようにと、娘に購入しました。
まだ、自分でうまく絵を描くことはできませんが、付属のアンパンマンや、三角、丸の形をしたマグネットスタンプを押して楽しんでいます。

どれたけ書いても当然汚れませんし、2歳の子供でも簡単に書いたものを自分で消すことができるので、一人遊びにも適しています。

また、なぞってアンパンマンのキャラクターを簡単に画くことができるシートも2枚付いているので、絵を画くことが苦手な私でも簡単にキャラクターを画くことができ、娘に喜ばれています。

購入した当初は、私に『○○書いて』と頼んでばかりだった娘も、最近は少しずつ自分で線や丸を描くようになり、描くことの楽しさを知ったようなので、購入してよかったです。

“このおもちゃは子どもが1歳半のときから持っていますが、いつも引っ張り出しては遊んでいます。昔からあるシンプルなおえかき玩具で、ペン先に磁石がついていてそれでボードに絵を描くと磁石に反応して砂鉄の黒い線が浮き上がってくるものです。

ペンは太字と細字が選べて描くことができます。ペンのほかに丸と三角の形が押せるスタンプが1つずつと、アンパンマンの顔が押せるスタンプが1つついています。
ここまでなら他にも類似の玩具があるのではないかと思われるのでしょうが、この玩具の凄いところは描いた時の線がとても細かく描けることです。類似のおえかき玩具はボードに小さな六角形が沢山並んでいてその六角形から砂鉄がでてくるのですが、これはそれが無くて描いた部分がそのまま線になります。

この線の細かさには親の私でもとても驚きました。昔からこの玩具はあったけれど、ここまで進化しているんだなと関心しました。正直言って他の類似品よりもお値段は少々高めですが、子どもの大好きなアンパンマンですし、商品もこのクオリティなら大満足です。我が家に遊びに来たママ友も、気に入って購入していたくらいです。

ペンといっても磁石なので汚れたりしないし、取っ手がついているので持ち運びもできます。
購入して3年近くになりますが、現在の方がよく遊んでいるように思います。私に「アンパンマン描いて」とせがまれて描いてあげたりして、親子のコミュニケーションもとれる玩具だと思います。電池で動くものではないので壊れにくいです。長く使えるのも良い所ですね。”

“遊びに行った先のママ友のお家にあったのを見て、「そろそろお絵かきにも興味を持ち始めるころだし、こういうのを買ってもいいかな〜」と思って見せてもらっていたら、この商品、ペンが三角になっているからか(普通のペンは丸か六角形ですよね)「特に教えてもいないのに、このペンを持つときは正しい鉛筆の持ち方が出来るんだよね〜」との話を聞き、全く同じもののこちらを購入。

残念ながらウチの息子は正しいペンの持ち方はまだ出来ていませんが(笑。特に教えてもいません)、毎日のように書いては消し、描いては消し、と遊んでいます。
アンパンマンのハンコは、最初は上手に押せなかったのですが(力が強すぎて真っ黒になってしまう)、「ゆっくり優しく押すんだよ」と教えたら上手に押せるようになり、上手に押せてアンパンマンの顔がきれいに出ると「アンパン!」と喜びます。

このハンコを冷蔵庫にくっつくことも発見し(磁石になっているので)、自分で新しい遊びを作り出してもいました。
この商品にはなぞるだけでアンパンマンなどを描くことができる、透明のシートが2枚ついてくるのですが、それも自分で引っ張り出してきて、一生懸命なぞろうとしたりもします。これについては全く上手に出来ないので、すぐに挫折していますが(笑)。

お値段もそう高くはないですし、昔のこの手のおもちゃは水に濡れるとその部分だけ黒いままになってしまったり、線がぼやけていたりいましたが、この商品はそんなこともないので、おすすめですよ。”

うちの娘は3歳と2か月で、小さい頃から落書きをするのが大好きな娘です。チラシの裏や落書き張では、目を離したすきに机の上にまで書いてしまうので困っていたのですが、絵を描く事を止めてはいけないような気がしていて、どうしようか悩んでいました。

ある日、友達の家に遊びに行った時に4歳になる友達の子供が似た商品で遊んでいたのを見て、買ってみようと思いました。

私の子供は色鉛筆が好きだったので、あまり効果はないかもしれない。とは思いながらの購入でしたが、使ってくれるようになりました。

アンパンマンのお絵かきおもちゃを与えてから、そちらに夢中で、チラシのうらには描かなくなり、助かりました。横にスタンプがついていて、ポンポン押すのがお気にいりのようです。何が楽しいのか『ママ見て』『ママ見て』と押しては消し、押しては消しと繰り返します。

外に出る時にも持っていくと言ってきかなくなり、外出中でもお構いなしに『アンパンマンやる』『お絵かきする』と言ってききません。まだ小さいので、好きなようにやらせていますが、そろそろ『家ではいいけど外ではだめ』という事を分からせていきたいのですが、まだ早いかどうか考え中です。

うちのご主人様は、たいへん子煩悩ですが世話はしないので、娘にとっては遊んでくれるから大好きなパパ。遊びたいのに寝なさい、食べなさい、お風呂に入るわよ。と指示してくる嫌なママといったところでしょうか(笑)

でも、朝イチなど寝ぼけている時は、ご主人様が隣で寝ていても『ママ』『ママ』と探して起きてきますので、やっぱり私のほうが好きなんでしょうね。

ペンに興味を持ち始めたので購入しました。
まだ1歳なので実際のペンだと舐めたりしないか不安だったので我が子にはこれが良いと思いました。

アンパンマンのおもちゃはいろいろ持っていますが今、子供の1番のお気に入りになっています。

最初は描くことも出来ずペンを持って遊ぶだけでしたがスタンプを押すことを覚えその後ペンで描くことが出来るようになりました。

今では静かにしているなぁと思うと夢中でスタンプを押したりぺんを持って描いたりとしています。

私には絵心がなく上手く描いてあげられませんが簡単な絵を描いて物の名前など覚えるのに使用したりしています。

子供のために私も絵や字が上手くなりたいと思うようになりました。

子供は大人が使うものに興味を持ちそれをおもちゃにして遊ぶので見ていてヒヤヒヤする事が多々あります。

特に我が子はペンや定規など文房具が好きでペン立てからペンを出して気に入ったペンを持ち歩いて遊びます。

しかし、アンパンマン天才脳らくがき教室を購入してからは少なくなったように感じます。やはりアンパンマンは凄いなと思いました。

我が子はどんなに小さいアンパンマンでも見つけてはアンパー。と叫び喜びます。

なのでアンパンマンのおもちゃじゃなくてもアンパンマンのシールを貼ってらあげたりしています。

今、我が家は子供のものは全てアンパンマンです。家中アンパンマンになっていて子供が飽きる日がくるのではないかと不安です。

“砂鉄を使った昔ながらのお絵かき版です。何回も使え一歳半ごろから殴り書きをよくしていたので、誕生日プレゼントに買うと大喜びで毎日らくがきをしています。また、丸と三角のスタンプも付いていて、スタンプというものが家にはなかったので、ここで物の名前と存在を知ることができたのは大きかったと思います。

普段はよく外遊びをさせているのですが、暑い季節は暑さが寒い季節は寒さが、雨の日は濡れることが気になり極端な日は外に出ないようにしていますので、そんな日はよく録画しているアニメのアンパンマンや、らくがき教室で遊ばせられごまかすことができます。

人見知りをあまりしない子で、外で遊ぶ時と中で遊ぶ時の区別がかなり小さいころから区別できています。外では友達と遊んだり遊具で遊ぶ、中では一人だから寂しくないように母親の近くで遊ぶけど、車を動かして一人の世界を作ったり、自分が書いたらくがきの世界にのめりこんだりと、毎日楽しそうです。

どんな日でも毎日散歩されているお母さんがいらっしゃいますが、私はあまり肩に力を入れないで子供に甘えさせてもらっているのが実情です。ですが甘えさせてもらっていても、子供が苦でなければそれもいいのかなと最近は思うようにしています。
子供が外遊びが苦手なら得意になるように、中遊びが苦手なら得意になるように、平等なら平等になるようにそんなように子育てしています。

一番の嬉しさは、息子が第一子にしてとても育てやすい子だったということです。”

サブコンテンツ

このページの先頭へ