↓今申し込むと、通常レッスンを無料体験できます。


アンパンマンジャムおじさんのやきたてパン工場の口コミ

Unknown

商品解説

ジャムおじさんのパン工場で焼きたてパン屋さんごっこができるおもちゃです。
なんと、発売と同時に売り切れになるくらいの人気商品です。

アンパンマンたちの顔のキャラクターパンをトングを使って遊べます。
アンパンマン、食パンマン、カレーパンマン、コキンちゃん、メロンパンナ、ドキンちゃん、バイキンマン、クリームパンダのパンがついています。

さらに、今回リニューアルされているのでドリンクバーもついています。
かまどにパンを入れると楽しい音楽でパンがやける楽しいおもちゃです♪

商品参考価格:5000円
対象年齢:3歳以上

アンパンマンジャムおじさんのパン工場の口コミ

「アンパンマン」が大好きで、それに出てくるキャラクターがパンの玩具になっているところです。
大好きなアンパンマンのキャラクターのパンを作って、お店屋さんごっこができるのが楽しいみたいです。

ジュースをいれたりと細かい作業もお店で働いている気分になれるのもまた気に入っているところなんだとおもいます。
お持ち帰りようのアンパンマンの箱やビニール袋も可愛くて、破らないように壊さないように気をつけて使っていますよ。

パンを焼いている間に流れる音楽にあわせて踊りながら、焼きあがる時には「チン!」っとキメポーズをとっています。
「美味しいパンが焼けたよ?」とジャムおじさんの物まねを何回もしながらパンを焼き、開店準備をして、店先を整えています。

店先に、お客さん役のぬいぐるみを並べたり、私もお客として巻き込まれたりしますが、開店前に、並べておいたぬいぐるみを見て、「あ!こんなに行列ができてる!今日も忙しくなるな~」と頭をかいたり、「ポイントシールはもう終わっちゃったんです。ごめんなさいね。またのキャンペーンをご利用ください」などと自分でストーリーを作っているようです。

「お持ち帰りですか?こちらで召し上がっていきますか?」や「すみません、食パンマンとアンパンマンの焼き上がりは3時頃となっております」など、店員さんになりきって遊ぶ姿は、大人顔負けです。

実際のパン屋さんでのやり取りをしっかり聞いているんだな~と思いました。

子供の年齢:3歳

もうそろそろアンパンマンも卒業かなと思っていた3歳のクリスマス、おもちゃ屋さんに連れて行って子供が欲しい欲しいと一番騒いだのがこのおもちゃでした。
購入してから1週間くらいは本当にハマッていて、毎日毎日パン屋さんごっこをしていました。
レジのおもちゃなどよりも、単純な作業でお店屋さんごっこができるのが子供の年齢に適していたのだと思いました。
それ以来、街中にあるパン屋さんに行くのも大好きになりました。

キャラクターの形のパンも本当のパンっぽくおいしそうにできてますし、かわいくできてます。
いろいろアンパンマンやジャムおじさんの声でおしゃべりをしてくれるのも楽しいようです。
ドリンクバーのようなものがあるのもいいですね。今の食べ物さんにはよくあるので子供もとても楽しそうです。

アマゾンでも ベストセラー 第一位を獲得している このおもちゃ。
このおもちゃは、当時4歳だった我が家のお姉ちゃんが、3歳の頃からずっと欲しがっていたものです。

お姉ちゃんはその時 もう幼稚園の年少さんで、新たにアンパンマンの玩具を買う歳でもありませんでした。

本人に欲しい玩具を聞いても プリキュアのコンパクトが欲しいというお年頃です。
そんなお姉ちゃんですが、それでもなお このおもちゃには心惹かれるものがあったのでしょうね。

彼女は2歳の弟を上手いこと言いくるめて(笑)、うちにはまんまとこの玩具がやって来ました。
実によくできたおもちゃで、我が家でも買ってよかったおもちゃ ベスト3に入ります。

トングでパンを掴んで釜の中に入れると、「おいしくなぁれ おいしくなぁれ」と 軽快な音楽が流れます。

パンを掴むことが、小さい子供にとって とても良い手先の訓練になります。
ジュースサーバーも、シンプルな仕組みながら 大人でも繰り返しやってみてしまう不思議な楽しさがあります。

このオモチャは パンやさんでのお買い物ごっこから、パンを焼き ジュースを注ぐという調理、
そしてそれをお客さんに運んで食べてもらうという おままごとまでが、同時にできてしまいます。

そしてさらに この玩具の良いところは、パンを並べるところに他のオモチャを並べて遊ぶことができること、パンだけを普通のおままごとの食材として使えることです。

アンパンマンはもう卒業のお姉ちゃんでも大満足の一品でした。

当時2歳だった弟は、4歳になった今でも このオモチャで遊んでいます。
買って損はないオススメのオモチャです。

こちらの商品には我が子の大好きなアンパンマンとおままごとが一緒になっている商品のため飽きることなく毎日ずっと遊んでいます。
パンをトングで掴んでかまどに入れるといった作業がとても楽しいようで繰り返し楽しんでいます。

仲の良いお友達も同じように繰り返し繰り返しかまどに入れていたので惹きつけるものがあるのだと思います。

後はパンを綺麗に並べたりジュースを入れて私やお友達と一緒に仲良く遊んでいます。
やはり全体がアンパンマン一色でパンで作られたアンパンマンや仲間が可愛く、その点も娘が気に入ってる理由です。

現在2歳の長女は一人で遊ぶ事が多く、私と遊ぶ時はおままごとの食べる役を少しするくらいです。
0歳1歳の時とは違い、遊び方にも変化が出てきたのでこれを機に赤ちゃん玩具は卒業して2歳・3歳向けの玩具に移行しました。

子供自身もアンパンマンのパン工場やレジスターなど自分で考えて遊ぶ玩具を好むようになったので良い機会でした。
現在2歳の長女は保育園や習い事などに行っていないので幼稚園に行くまではずっと私と一緒です。

時々、社交性の意味で同じくらいの子供たちと遊ばせたいと悩む事もありますがなかなかそういう機会に巡り合えません。
普段はなるべく規則正しい時間を身に着けさせるためご飯の時間や遊びの時間、おやつの時間を設けています。

その他、遊びの延長で家事のお手伝いをする事が好きなので洗濯物を一緒に畳んだり掃除をします。
このように普段の子育ては毎日のんびりと特にこだわりもないのでよく遊びよく寝て、よく泣いてというのを基本としています。

購入した当時2歳の娘に購入しました。めったに高価なおもちゃを買うことはなかったのですが、YouTubeの動画で、このおもちゃをレビューしている動画を娘は毎日何回も見ていました。また、おもちゃやさんでも見本品として自由に使ってもいいように展示してあると、娘は1時間ちかく遊んでいました。この様子から、このおもちゃならすぐに飽きることはないだろうと思い購入しました。

実際、トングでパンをつかむ、既に家にあった他のままごと道具と組み合わせて遊べますし、付属のドリンクバーのおもちゃも楽しいようで何度も遊んでいました。いろんな種類のかわいいパンがセットで入っているので見ているだけでも楽しいですし、すぐに飽きることなくずっと遊んでいました。

購入した当時は娘は2歳で、附属のトングでパンを掴むことが難しいようでしたが、3歳になると、手先が起用になりトングでスムーズにつかめるようになりました。また、「メニューです。どのパンにしますか?」「ジュースはいかかですか?」とお店屋さんらしく言葉をやりとりすることができるようになりました。また、他のままごと道具の野菜や果物と一緒にアンパンマンのパンをお皿に乗せて運んで、私のところまでもってきたり、「一緒に食べましょうねー」と言って食べる真似をしたりします。ままごとや食べ物が好きな女の子は特に楽しいおもちゃだとおもいます。

今娘が3歳で、下の弟が1歳になったばかりですが、息子もこのパン工場のおもちゃに興味津々です。トングでつかむことができなくて「んー!」と怒っていますが、私が手伝ってパンとつかめると得意げになって喜んでいます。1歳の子にはドリンクバーのおもちゃや、トングが口に入らないように注意する必要がありますが、そのうち姉弟で一緒にままごと遊びをしてくれると思います。

付属の紙でできたお持ち帰り用のボックスなどは、遊んでいるうちに紛失したりすぐに壊れてしまいましたが、その他はとても楽しく遊ぶことができるおもちゃです。購入して良かったと思っています。

YOUTUBEで動画を見るのが好きな娘。あまりスマホを見せるのはよくないとは思うのですが、公共の場で騒いだ時など、スマホが一番大人しくしてくれるので、ついつい見せてしまうのです…。

言い訳は置いておきまして…、YOUTUBEでアンパンマンのおもちゃで遊ぶ動画を自分で見つけては、黙々と見て楽しんでいます。
画面に集中していたかと思うと急に、「●●(娘の名前)ちゃんも!」と宣言しながら、うちにあるアンパンマンのおもちゃで遊びだします。
同じおもちゃがない場合は、似たもので代用しています。

最近は『のっけてポン!アンパンマンのアイスちょうだい』の動画を見ては、「アイス!アンパンマンのアイス!バイキンマンのアイス!」と、おもちゃ置き場をキョロキョロ。

でも残念ながら、現在我が家にはそのおもちゃはありませんので、気の毒ですが似たようなおもちゃで現場って遊んでいるところです。
買ってあげてもいいのですが、なにせクリスマスにもお正月にもおもちゃを買ってあげたばかり。
現在お気に入りの『ジャムおじさんのやきたてパン工場』は、クリスマスプレゼントでした。
こちらもYOUTUBEの動画を食い入る様に見ていたのです。

あまり夢中で見るので夫が「これ欲しいの?」と尋ねると、娘が「うん」と。
一人っ子なのもあり、YOUTUBEでおもちゃの遊び方を見て、それを真似て遊ぶようになってます。
正直「いいのかな~」と思いつつも、楽しそうに遊んでる姿はやっぱり可愛いです。
ひな祭りに、『のっけてポン!アンパンマンのアイスちょうだい』を買ってあげようかなと思っているところです。

我が家には2歳になる女の子がいます。今一番大好きなキャラクターがアンパンマンです。我が家にはアンパンマンのおもちゃがいくつかありますが最近購入したおもちゃを紹介します。

今ではタブレットを上手に使いこなしアンパンマンのおもちゃ動画を見て楽しんでいます。その中で子供がいつも見ていたおもちゃがアンパンマンのパン工場DXでした。誕生日にはそれを購入し、すぐにとびつき遊び始めたのを覚えています。

パンの形のおもちゃが12種類ありパン工場はお店屋さんにもなっています。パンを並べる店頭の様子やレジも作られおり遊べる部分がたくさんあります。お買い上げした時に使うパンを入れる箱や袋がとても可愛くリアルに再現されています。

そして一番子供が楽しむところがパンを焼く時です。焼き窯におもちゃのパンをいれると歌が流れるのです。その歌は何度か聞くと私も口ずさみたくなるくらいかわいい歌とメロディです。子供はパンを入れては歌い、またパンを入れては歌い、それをずっと繰り返していました。

その姿を見てるとこっちも癒されます。おもちゃのパンも一つ一つがとても可愛く作られています。アンパンミュージアムに行ったことがあるので本当のパンと比べると本当にそっくりに作られています。

お店屋さんという感覚とパン工場でパンを作るという感覚を楽しめて子供にとってもとても楽しめるおもちゃだと思います。お父さん、お母さんと一緒に遊ぶともっと楽しく遊べると思います。

この、アンパンマンのパン屋さんのパンたちは、本当にリアルに上手に作られていて、親の私も初めて見た時は、ビックリしたくらいでした。

ずっとアンパンマンのパン屋さんのおもちゃが欲しい、欲しいと言っていた娘。でも、1度目に買いに行った時は残念ながら売り切れていて、とても悲しんでいました。
しかしもう一度買いに行った時の、あの喜び方、忘れません。
正直、アンパンマングッズは高いですよね。

でも、ずっと楽しみにしていた娘の為に、これは買わなければと。
購入し、自宅に戻ってからはもう、そのパン屋さんのおもちゃの前から離れず。
1人でとにかく夢中になって遊んでいました。
ちゃんとパン屋さんにある、パンを選んだ時に置くトレーもあるし、パンを入れる袋もあるし、箱もある。
何から何まで親は感動しました。

娘は、ちゃんと袋に入れてくれたり、パンを焼きますね〜と言い焼いてくれたり。
ぬいぐるみ達を並べ、お客さんとして接客していたり。
本当に楽しそうに遊んでいました。
そのパン屋さんのパンに感動してしまった親の私は、パンが食べたくなり、実際にアンパンマンミュージアムに行ってきてしまいました。

本当のパン屋さんのパンを見た時の娘、このパン持ってる〜、これ同じだね、すごーい、と大はしゃぎ。
親の私でさえ、おさえていましたが、内心は大はしゃぎをしたくなる程、感動しました。
アンパンマングッズは、クオリティが本当に高いですよね。だからこその価格かもしれません。
このおもちゃには、親子で楽しませていただいています。

娘がアンパンマンが好き、ということで、親戚のおじさんが奮発して買ってくれました。

アンパンマンや仲間たちの顔が可愛いパンになっているので、「今日は、どのパン食べようか?」とやりとりしながら、親子で一緒に遊べます。レジを打ったり、かまどでパンを焼いている時には、アンパンマンやばいきんまん、ジャムおじさんたちがお喋りしてくれるので、その真似をしたり、一緒に歌ったりして賑やかです。

ハンディーターミナル(注文を受けるまねごとが出来るように、商品名を読み上げてくれます)付きなので、パン屋さんごっこが、いっそうリアルにできます。娘も毎日、喜んで遊んでいます。

女の子なので、お店屋さんごっこが楽しいようで、特に教えたわけでもないのに「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」と店員さんのように受け答えをしています。出かけた先で、いろいろなお店の方の対応などを見ていたのかもしれません。大人は、それほど意識していなくても、子供にとっては、何でも興味の対象になるのだなぁと改めて思います。

この商品に限りませんが、お店屋さん系の玩具は、細々した小物が多いので、片付けの習慣が付くように、遊び終わった後は、自分で片付けをするよう言い聞かせています。出来るだけ、簡単に片付けができるよう、この玩具の小物専用の入れ物を用意して、そこに入れさせています。最初は、口を酸っぱくして言わないとやらなかったのですが、今は、自発的に片付けることができるようになりました。

5歳の女の子と少し大きいですが、2年前ほどに買ってもらいお気に入りです。いつもパン屋さんになりきって遊んでいます。私と小学生の姉はだいたいお客さん役です。うちの子はごっこ遊びが大好きで、姉妹でよく家にある人形やあらゆるおもちゃを組み合わせてお店屋さんごっこをして過ごしていることが多いと感じます。ごっこ遊びが好きなお子さんには、このおもちゃはぴったりなおもちゃではないか思います。

このおもちゃは全国にあるアンパンマンミュージアムパン屋さんとコラボしていて、実際売っているパンのおもちゃで遊ぶことができるので、アンパンマンミュージアムへ行ったことがお子さんはとても喜んでくれると思います。

おもちゃの内容は、アンパンマンのかわいいパンが8種類、トングとトレー、ドリンクサーバーとジュースが2種類、紙製のおさいふ、アンパンマンミュージアムのパン屋さんと同じ持ち帰りBOXが2つ入っています。

パンは、アンパンマン、カレーパンマン、食パンマン、メロンパンナ、クリームパンダ、ばいきんまん、ドキンちゃん、コキンちゃんと男の子女の子共に遊べるラインナップとなってます。子供の手のひらに乗せるとちょうどよく、遊びやすいですし、親の私から見てもとてもかわいいパンのデザインだと思います。

このおもちゃはまず、パンを焼くことからはじまります。パンを煙突の中に入れると、ジャムおじさんとバタコさんがしゃべります。アニメでもあの有名なせりふ「おいしくなーれ」を聞くことができます。焼いたものをディスプレイに並べて開店準備ができたら後はお店屋さんとお客さんになりきって自由に遊んでいきます。

このほかに、オプションとして追加のパンも別売りであります。これには、クリキントンアンパンマン、あかちゃんまん、ロールパンナ、名犬チーズ、ホラーマンと持ち帰り用の小物が入っています。こちらのパンもかわいいのでおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ