↓今申し込むと、通常レッスンを無料体験できます。


アンパンマンブロックバッグの口コミ

510+iYjwGAL._SY300_

商品解説

小さな子供でも簡単にブロックが作れるように配慮された、アンパンマンブロックです。
持ち運びがしやすいようにバッグとセットになっています。

参考価格:4320円
対象年齢:2歳〜

https://youtu.be/AGL8VFzUuyU

アンパンマン ブロックバッグの口コミ

匿名ママの口コミ
子供の年齢:2歳

甥っ子のおもちゃなんですが、甥っ子が使わなくなって、実家にずっと置いてあり、実家に帰ればアンパンマンのブロックで遊ばせていました。

まだ、8ケ月頃だったと思うのですが、色のついたブロックのベアを見つけて組み立てたりできるようになりました。
10ケ月頃には組み立てたり、外したり自由にブロックで遊べれるようになっていました。

対象年齢は2歳以上なのですが、1歳きていない子でも見守りながらだと十分楽しく遊べれるおもちゃだと思います。
実際に、1歳半でブロックの遊び方を思えて自分で組み立てたりして遊べています。

親も一緒に組み立てたり、競争しながら遊んだりしてコミュニケーションが取れてとてもいいおもちゃだと思います。
そして、このアンパンマンのブロックのおもちゃで子供の好きな色がわかり、新しい発見ができました。

毎回自分の好きな色のブロックを探して見つけて組み立てて遊んでいるので見ていて成長を感じれるおもちゃだと思います。

3歳10か月の男の子の母です。2歳半ごろからアンパンマンが大好きで神戸のアンパンマンこどもミュージアムに2回も行きました。
アンパンマンも好きなんですが、一番好きなのはバイキンマンなどの悪者でその中でも特にバイキンマンのつくるたくさんのバイキンメカが大好きなようです。
バイキンメカの中でも一番のお気に入りはだだんだんで、ぬいぐるみからフィギュアから色々グッズを揃えています。

そんなだだんだん大ファンの息子の去年のクリスマスプレゼントに選んだのがこの、だだんだんブロックバケツです。
クリスマスのだいぶ前からyoutubeで遊んでいる動画を見てずーっと欲しかったみたいで、お店に行くたびにこのブロックバケツの前に座り込んでほしい欲しいと泣いているほどでした。
クリスマスの朝、箱を開けた息子は大喜びで早速、だだんだんを組み立てました。それから毎日毎日組み立ててこわしてまた組み立てて、一緒に抱いて寝たりしています。

四角いだけのブロックも想像力が育っていいと思うのですが、作り方が難しいので、これとこれを組み合わせたらこんなのが完成して分かりやすいというのが良かったみたいです。
最初は決まった形のだだんだんばっかり作っていましたが、最近は自分でアレンジして首が長いとか、足が長い物とか工夫して遊ぶようになりました。

ちょっと発達が遅れてる感じの息子で知能テスト的な物でブロックを積むというのが苦手だったのですが、今の様子を見ていると、このおもちゃのおかげでちょっとはできるようになってるんじゃないかと期待しています。

アンパンマンは1歳半ごろから大好きで、年齢に応じていろいろなアンパンマンおもちゃで遊んできましたが、1番長い間気に入って遊んでいるのはブロックラボのアンパンマンシリーズです。2歳ごろにブロックを購入しようと思ったときに、アンパンマンシリーズがあることを知り、即決しました。

このブロックのいいところは、アンパンマンとバイキンマンが入っているところ。しかもほかのシリーズは、四角い頭と体の2ピースをくっつける四角いアンパンマンですが、このセットは、立体的なアンパンマンです。動物も、2~3ピースくっつければ完成なので、2歳児でも簡単に作れます。くっつけるピースも見れば一目瞭然です。男の子が大好きな車もありますし、とてもいいです。現在主流と思われる頭と体の2ピースをくっつけるもの、アンパンマンの頭にバイキンマンの体をくっつけたりしてオリジナルキャラクターができて面白いみたいです。

ブロックといえば、やはりレゴブロックが有名で主流ですが、ブロックラボのアンパンマンシリーズも発売から、どんどんシリーズが追加で発売されてきて、徐々に広まっているようです。やはり、知育玩具の定番として手先を使うおもちゃで遊んでほしい親御さんは多いでしょうし、子供が興味を持ちやすいアンパンマンシリーズから入ると遊んでくれるようです。お友達の子は、他社ブロックに全然興味がなかったようですが、我が家でアンパンマンシリーズのブロックラボで遊んでから、ブロック遊びをするようになったようです。

購入して半年もたつと、子供の方から、「もっとブロックが欲しい」と言ってきたので、同じブロックラボアンパンマンシリーズのワールドシリーズ ブロックといっしょに遊べる!アンパンマンブロックドールセットやれっしゃセットや、ひらがなブロックセットを買い足していきました。数が増えれば増えるほど喜んで、5歳になった今でも遊んでいます。いろいろオリジナルのものをつくって、ごっこ遊びをしています。

ブロックで遊びだすと、長い時間集中しますし、習い事で通っている幼児教室の先生から「図形や立体、空間把握能力がずば抜けていいです。」とほめていただきました。

私の子ども、男の子二人が気に入って遊んでいるのはアンパンマンのブロックラボです。大きめのブロックで、アンパンマンのキャラクターが描いていたり人形も入っています。
色がカラフルで、子どもなら誰でも好きなアンパンマンの絵が描いていて、興味の持たない子はいないと思います。
うちにあるのは乗り物が作れるブロックラボです。消防車やショベルカー、SLマンが作れます。

男の子は乗り物が好きな子が多いのでオススメです。乗り物にアンパンマンを乗せて遊んでいます。
二歳児でも、簡単にくっ付けたり取ったりできるブロックで、大きさがちょうどいいです。手先の器用な小学生には大きいかもしれません。

2歳の子も、簡単なトンネルや、門を作れます。乗り物をくぐらせて遊んでいます。
初めから三つ、タイヤのついたブロックが入っていたので、兄弟で遊んでいても取り合いにならなくて良かったです。
アンパンマンは最初一つしか入っていませんでした。たまたま行ったお店のガチャガチャで見つけて買いました。ドキンちゃんとバイキンマン、違う表情のアンパンマンが仲間に入りました。
人形が増えて、遊びの幅が広がりました。

うちにあるブロックラボはバケツのような形の入れ物で、蓋が付いています。遊び終わったら子どもでも簡単にお片付けできて、さっとしまえるので部屋が散らかりにくいです。これは親目線で助かります。
片付けの練習にもなるし、何より無くしにくいので良かったです。

1歳でブロックはまだ早いかなーと思いながら、アンパンマンに興味が出だしていたので思い切って買いました。
初めて遊ばせてみると、アンパンマンのブロックだけ持って逃走しました。(笑)
まぁ、全く遊ばないわけではなかったのでよかったかなーとその時は思ってました。

でも、ブロックって年齢関係なくずっと遊べます!
1歳ではアンパンマンを握って、ばんばん床に投げる、叩きつける(かわいそうでした・・・)しかしなかったのに、成長するにつれて、ブロックを高く連ねようとか、剣などに見立てて作ったり、アンパンマンにおうちを作ってあげたり、最近ではアンパンマンとメロンパンナちゃんでおままごとをしています。

買っておいてあれですが、実際ブロックをたかがブロックと侮ってました。
1歳で買って、誕生日がきたら違うおもちゃもらって遊ばなくなるんだろうなーと思ってました。
でも、おもちゃで遊んでても飽きたらブロックに戻ってるんですよねー。

私が実家に子供を連れて帰省するときは子供用のコロコロにブロックを入れてあげて、子供がウキウキとコロコロを引っ張ってくれます。
実家に着いたらコロコロからアンパンマン、ドキンちゃん、メロンパンナちゃん、バイキンマンを取り出して「つきましたよー!」とままごとスタートです。

毎回、私がブロックを持って帰省して子供が楽しそうに遊ぶのを見て、実家にはうちにはない食パンマン、カレーパンマン、コキンちゃんがいつのまにか置かれていました。
初めてそれを見つけた子供の喜びは凄かったらしく、2メートルくらい離れたところにあるそれを見つけて、ダダダっと効果音がなりそうな駆け足で走って、すってんっとコケました。(笑)

いつもなら「ままぁ~」っと泣いてくるのに今はコケたことすら気にしていないのか、サッと起き上がり食パンマンたちをキラキラ見つめたかと思うと、その次は、ばぁばを見つめ・・・「ひーちゃん(子供の名前)に買っておいたのよ~。遊んであげてね~?」とばぁばに言われ、自分のとわかるとキラキラした笑顔で返事していました。

その後、食パンマンたちはアンパンマンたちとあいさつ(?)をすませて、ままごとの仲間入りをしていました。
帰るときに持って帰っていいよと言われたけれど、子供はなぜか持って帰りませんでした。
後から聞くと、「食パンマンはばぁばのおうちにおいとくの!けーちゃん(弟)にさわられるから!」と触られたくなかったからだそうです。(笑)

最近アンパンマンより電車が気になるようですが、弟はすっかりアンパンマンブロックで遊んでいます。
男女問わないし、壊れにくいので何代にも遊べていいですよね。
我が家にとってアンパンマンとブロックは子供の成長で必要なものになりそうです。

3歳の女の子がいます。普段は3つ年上の姉と一緒に遊んでいます。女同士ということもあり、おままごとやおしゃれをして遊ぶことが多いです。

おままごと以外の遊びでは、このアンパンマンブロックを使う頻度がとても高いです。本人がとても気にいっていて、「何して遊ぼうか?」と聞くと必ず「アンパンマンブロック!」といいます。
アンパンマンのはじめてのブロックバケツを買い与えたのは、1歳半のクリスマスの時です。
その頃はただガチャンとブロックとブロックを重ねあわせる事しかできませんでした。

しかし2歳を過ぎると絵や柄を合わせたり、何かの形を作ろうとするようになりました。
3歳になった今では、タワーを作ったり回覧を作ったり、こちらが見ても何を作ったのか分かるほどの作品ができるようになりました。
成長とともにブロックの使い方が変わってきて、見ていてとても面白いです。またブロックは小さい頃からある程度大きくなっても楽しめるおもちゃだと思います。

何を作ろうか、それを作るためにはどのブロックとどのブロックを組み合わせればいいのか、色の組み合わせも考えたりして頭を使うとても良い遊びだと思います。
また、絵柄がアンパンマンやキャラクターなので単にブロック遊びだけでなく、それを人形としてままごと遊びをすることもあり本当に幅広く使えています。
いろいろなシリーズも数多く販売されているので、ブロックの数を増やすことができるのも魅力です。

“ブロックといえばレゴなどのブロックが人気ですが、ブロック自体が小さくて、幼児には組立が難しいです。一度はめてしまうと、幼児の手先では外すのも難しいです。

それで大きめのブロックを購入しようと思ったのですが、どうせなら子供の喜ぶアンパンマンのブロックにしようと思い購入しました。このブロックは大きくて、しかもはめたり、外したりがしやすいので、進んでブロックで遊ぶようになりました。

このブロックはバックの中に四角いブロックだけでなく、アンパンマンとバイキンマンとドキンちゃんが入っています。さらに、それぞれの乗り物(アンパンマン号、バイキン号など)も入っていて、それらの乗り物を走らせる滑り台のようなパーツも入っているのです。それで、乗り物にキャラクターたちを乗せて乗り物遊びもできます。ブロックでトンネル等を作ったりして遊んでいます。

またブロックで家を作り、キャラクターの人形をつかってままごと遊びのようなこともしています。ひとつのおもちゃでいろいろな遊びができて、親も子供も楽しんでいます。年上のお兄ちゃんがいますが、お兄ちゃんもこのブロックでロボットやタワーなどを作って一緒に遊んでいます。

アンパンマンは男の子女の子関係なく人気のキャラクターですし、ブロック遊びは手先の運動と想像力をはぐくむので、このおもちゃを買ってよかったなーと思っています。対象年齢は2歳以上ですが、親が付いていれば2歳以下でも遊べると思います。”

サブコンテンツ

このページの先頭へ