↓今申し込むと、通常レッスンを無料体験できます。


マイクでうたえるはじめてのパソコンだいすきの口コミ

1000080422_1

商品解説

マイクで歌ったり、ひらがなの勉強にもなる子供用パソコンおもちゃです。

プレゼントにも最適。

8100円
対象年齢:6歳〜

https://youtu.be/2Mld16-t6s4

アンパンマン マイクでうたえるはじめてのパソコンだいすきの口コミ

匿名希望ママの口コミ
子供の年齢:3歳

息子が3歳の誕生日に義父母がプレゼントに買ってきてくれました。

そのときは個室のレストランで息子の誕生日パーティーをしていたのですが、息子は寝てしまったので、プレゼントを見て感動することはありませんでした。

義父母はアンパンマン大好きな息子のためにわざわざ買ってくれたのに、肝心の息子が寝てしまい、喜ぶ顔が見られなくてさぞかし残念だったと思います。

帰宅してから息子がおもちゃの存在に気づき、喜んで食いついていました。
最初はおもちゃの意味がわからず、蓋を開けることもできませんでしたが、私が見本を見せると自分なりに必死に真似をして蓋を開けました。

スイッチを入れると画面にアンパンマンが出て、喋ったり歌ったりするのをみてまだ言葉が覚束ない息子は、それなりに頑張ってアンパンマンの真似をして喋ったりしています。

正直言って義父母にプレゼントされたときはまだ年齢的に早いのではないかと思ったのですが、今では遊びながら言葉や歌を覚えているので、いいプレゼントだと思います。
義父母には感謝です。

匿名ママの口コミ
子供の年齢:2歳

言葉が出始めた子供におじいちゃんおばあちゃんが買ってプレゼントしてくれました。

最初は何だかわからずおっかなびっくりだった子供も、しばらくすると寄ってきてマイクを持ってかじってみたり、キーボードに触って遊び始めました。
もともと携帯などが大好きだったせいか、電源を教えてあげるとつけたり消したりと、もうそれだけで楽しそうです。
キーボードを触るとまた違う音がすることに気付くき、ポチポチとボタンを押して嬉しそうにニコニコ。

さすがにまだ一緒に歌う、というのはよくわからなかったようなのですが、代わりにアンパンマンの顔をたたいてタンタンするのがとても気に入ったようで、しつこいくらいに音楽を流してはタンタン鳴らして遊んでいました。

この玩具は楽しみながら学べるので、一石二鳥でお得な買いものをしたと思っています。

ドリルを使って勉強をさせようとすると拒否反応を示しますが、小さい頃から慣れ親しんでいるアンパンマンの商品ということもありますし、ひらがな、数字をゲーム感覚で覚えられるので自分から進んで勉強をしてくれます。

就学前の学習準備としてあってもいいと思います。

音楽遊びもあり、人前で歌うのが苦手だったのに今では自分から歌を聞いてほしいと言ってきます。
リズム感も良くなってきて、幼稚園でのお遊戯にも役立っているようです。

全72メニューのゲームが入っていて、自分が家事で子供の相手を出来ないときに一人で遊んでいてくれるので大変助かります。

歳息子
まだ文字もわからない息子ですが、アンパンマンのパソコンを自分で操作し、
音楽が流れるところを選んで、一生懸命キーボードを打ち、音楽が終わると嬉しそうに「やったね!」と自分も言って私の顔を見てほめてもらうのを待っています。
ミニゲームなどはまだ理解できないようですが、
音楽が好きで、音楽関係のもの(キーボードやマイクのスイッチを押すと画面の絵が動いたり、音楽そのものが進む)に夢中です。

3歳娘(当時。現在7歳)
もともとは上の娘が3歳の時に購入したものです。
ミニゲームはもちろん、ひらがなもカタカナも遊んでいるうちに覚えてしまいました。
購入当初はやはり音楽がお気に入りで、
娘が考え付いた「音楽がなっている間はパソコンの周りをぐるぐる周りながら踊る」という遊びに夫がひたすら付き合わされていました。
現在は弟が遊んでいる横で教えてあげたり、まだまだじゃんけんゲームなどで遊ぶこともあります。

2歳の息子はとにかく外が大好き。
なので、時間をみつけてはせっせと外へ連れ出す毎日です。
歩くだけでも楽しいようです。
公園ではブランコがお気に入り。
上の子の影響で鉄棒も好きです。

電車が大好きで、プラレールをセットしてやると、夢中で遊んでくれます。
家の近くに駅があり、ホームに入らなくても改札口横から見学ができる作りになっているのですが、
そこを良く見ているため、電車遊びでも、
「パーーー(電車のドアが閉まるのを知らせる音)」と言い、それを私が聞いたら「ドア閉まりま~す」と言ってあげ、
すると、「トゥル~、トゥル~」と電車の扉が閉まる時の効果音を自分で言ってから走らせています。
何度も「ドア閉まりま~す」と言わされますが、とても可愛らしくて見ていて飽きません。

プラレール以外でも、色々なものを電車に見立てて遊んでいます。
食事中、モヤシやフォークを電車に見立てて遊びだすので少し困っています。

戸建てなので、家の中でも動き回っています。
トーマスの車にまたがって家じゅうドライブしたり、
フラフープを持ち出しては電車ごっこしたり。
とにかく動く動くといった感じです。

段ボールでも遊びます。
収まりの良いサイズの段ボールの中に息子を入れて「出発進行~」と電車ごっこをしてやると大喜びです。
ぬいぐるみをお客さんにして「のーせーて」「いーいーよ」のやりとりも大好きです。

ブロックや積み木もしますが、まだ一人では集中が続かず、一緒に遊んでも15分程度で他のことをやりたがります。

絵本は食べ物関係と電車関係のみ大好きで、
児童館にたくさん絵本がありますが、毎回同じ絵本を取り出しては「読んで」と催促されます。

3歳のお誕生日におばあちゃんから買ってもらいました。3歳当時はまだ操作などが難しく、あまりたのしめていませんでしたが4歳を過ぎたころからどのボタンがどの機能なのか分かるようになりひらがなも読めるようになったので、カタカナ、ひらがなクイズや英語でのご挨拶練習など色々な機能を一人で楽しんで遊べるようになりました。

またマイクがついてきて飾りではなくきちんと声が拡張されるので、6歳になる今でも音楽機能ボタンでマイクを使って歌を元気に歌って満足そうです。
今は外遊びが大好きで、休日は親子で一緒に秘密基地を作ったり、縄跳びや一輪車の練習をしてとても元気な年長さんですが、外が雨の日や親の都合が悪く出かけられない日などは、このパソコンを取り出してきて1時間くらいはずっと色々な遊びを楽しんでいます。お友達が家に遊びに来てくれたときにも盛り上がって使っているので、あんぱんまんは小さい子向けと思い込みがちですが、この商品は意外と小学生になってからもまだしばらくたのしめそうです。

今は4月からの小学校入学に向けて、一日のスケジュール管理をしっかり自分ですること、毎日決まった量の、国語算数英語の勉強をすること、自分の身の回りの支度は自分ですることと決めて、親子で準備中です。
つい一日中「早くしなさい」とせかしたくなりますが、できるだけそのセリフは言わず、自分の考えで行動させるように「今何する時間だっけ」というような声掛けを心がけています。

このおもちゃは電池を入れるタイプで、パソコンに似た形になっていて、開け閉めもでき、親がパソコンをしていると、子供もこれを持ち出し真似して遊んでいます。
ボタンを押すと、アンパンマンのメロディーが流れたり、数字の勉強ができたり、動物の鳴き声が鳴ったり、挨拶してくれたり。

すると、子供はその声を真似して、ワンワン、ニャーと鳴いてみたり、こんにちは声がすると、お辞儀をしてみたり。
勉強させるという堅苦しさは全くないですが、このおもちゃのお陰で、自然と覚えてくれた言葉や動作もあり、親としては買って良かったと思っています。

もちろん、大好きなアンパンマンだからこそ、喜んで遊んでくれているのかもしれません。
電源を付けるときは良いのですが、やはりまだまだ子供、切らずに次の遊びに行ってしまうことはありますよね。我が家は毎回です。

でも、このおもちゃは数十秒間、おもちゃに触れていない時間があると、アンパンマンがバイバイと言い、自然に電源を切ってくれます。
これは助かります。

気付いた時は、もちろん私も切るようにはしているのですが、この装置はありがたいと思いました。
子供は本当に日々成長していて、親がみていないところでも成長していて、もちろん、良い面も悪い面(悪さをしている時です)もありますが、この成長を見守ることも、親としての役目なので、ある程度は好きに自由に、限度を超えた時はきちんと叱る(注意する)をしていきたいなと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ